銃と弾 わたしの管理で 事故防止

銃と装弾・実包の管理はしっかりと!

ラスベガスのクレー射撃場

ラスベガスには、市内から比較的近い位置にクレー射撃場もあります。今回は、Yelpで比較的評価の高かったこちらの射撃場に行ってみました。

Clark County Shooting Range
11357 N Decatur Blvd, Las Vegas, NV 89131
http://www.clarkcountynv.gov/depts/parks/Pages/clark-county-shooting-park.aspx

2014年1月現在、YelpでのReview数は59件で、評価は5/5です。

この射場の名前のClark Countyですが、地名のクラーク郡(ネバダ州)という意味で、ここは政府の運営している施設になります。場所はベラージオの北約30kmくらいで、設備としては散弾銃用射場、ライフル・ピストル用射場、アーチェリー場、RV用キャンプ場、ショップ等、様々なものがあります。散弾銃用射場としては、トラップ・スキート射面が24面、スポーティングクレーが15ヶ所x2コース、その他5-Stand(スポーティングクレーみたいなものらしい)射面があります。

今回、我々はスポーティングクレーを楽しみました。この射場で射撃をやる際の流れですが、箇条書きで書くと、概ね以下の流れになります。

  1. 受付で必要事項を記入(要パスポート)
  2. 安全ビデオを見る(約3分)
  3. 弾、レンタル銃代、カート代の精算
  4. カートの乗り方の説明を受ける
  5. スポーティングクレーの射面に行き、射撃をする
  6. 各射面を巡り、弾が無くなったら受付に戻る
  7. クレー枚数の精算

感想、気付いた点についても箇条書きでまとめました。

  • 射場が非常に広いので、カートは絶対に借りるべき。
  • スポーティングの射面は8の字形に配置されていて、東側のコースが比較的簡単、西側コースが比較的難しいセットとのことなので、今回は簡単な方の東側コースを利用した。
  • 東側コースには15射面あり、それぞれセットが異なる。ラビットのセットもある。
  • 各射面には3射座あり、それぞれ難易度が異なる。標準的な難易度が図で示されているので、それを参考にするとよい。
  • 今回は我々が使用した装弾は8号弾(受付の方のおすすめ)。
  • 各射面で射撃をする際は、まずICカードをリーダにセットし、リモコンのボタンを1回押す。これで放出機が使えるようになるので、後はリモコンのボタンを押すだけ。
  • 放出したクレーの枚数はICカードでカウントされ、最後に清算する。
  • 各射面間の係員さんが巡回しているので、何か困ったことがあったら声をかけること。射手のカートはオレンジ色であるのに対し、係員さんのカートは緑色になっている。
  • 射撃は基本的にセルフサービスになる。なので、射手とは別にリモコンを操作する人が必要なので、最低2名で行った方がいい。
  • 受付の方は非常にフレンドリーで、気持ち良く過ごせた。
  • ストリップからここに行く場合、タクシーで行くと片道100ドルくらいかかる。

今後行かれる方の参考になれば幸いです。

(2014.1.12, Shimarin&Yossy@Las Vegas)

写真の説明

  1. 射場の入り口
  2. ショットガン射場のオフィス
  3. オフィスに入ったところ/売店になっている
  4. ショットガン射場の受付
  5. カート置き場/ここでカートの操作方法の説明を受ける
  6. スポーティングクレーの射面/こちらは比較的やさしいセットのEASTコースで、全15射面ある
  7. リモコンとICカードリーダ
  8. クレーの放出枚数はICカードで管理している/クレー代は射撃後に清算する
  9. クレーのセットの説明書き/各射面にはそれぞれ3射座ある
  10. 射面間はやや距離があるので、カートで移動する
  11. 射撃シーン・その1
  12. 射撃シーン・その2
  13. 射撃シーン・その3
  14. 放出機からクレーが放出されているところ
  15. スポーティング射面から見たトラップ&スキート射面/全24面あるとのこと
  16. ショットガン射場の休憩所/射撃を終えた射手がくつろいでいる
  17. 休憩所の奥の方にはドリンクとスナックの自販機がある
TOP 71939 Hits / TOTAL 1446147 Hits  © 船橋猟友会  All Rights Reserved.