銃と弾 わたしの管理で 事故防止

銃と装弾・実包の管理はしっかりと!

ラスベガス市内の室内射撃場(MGV)

ラスベガス市内には、観光客向けの射撃場がたくさんあります。Yelpで比較的評価が高いのは以下の2件かと思います。

American Shooters(>> 1/16に訪問

The Gun Store
2900 E Tropicana Ave, Las Vegas, NV 89121
http://thegunstorelasvegas.com/

2014年1月現在、YelpでのReview数はそれぞれ105件, 240件です。どちらも銃の種類が豊富で、かなり楽しめると思います。

今回我々もそのどちらかに行こうかと思ったのですが、タクシーの運転手さんが強力に「MGV」という射撃場を勧めるので、敢えて有名店2つを外すのも面白いかと思い、勧められるままにその射撃場に行ってみました。

Machine Guns Vegas(MGV)
3501 Aldebaran Ave, Las Vegas, NV 89102
http://machinegunsvegas.com/

2014年1月現在、YelpでのReview数は59件で、評価は4.5/5です。場所はチャイナタウンですが、ストリップ寄りで、行きやすいところです。射撃は全てコースメニューになっているようで、1人1コースをオーダーする必要があります。1コースを2人でシェアするのはダメとのことでした。タクシーの中のチラシにバウチャーがあるので、それを注文時に見せると10ドルのディスカウントが受けられます。銃の種類はあまり多くなく、ミリタリーマニアの方には若干物足りないかもしれませんが、一般の観光客には楽しめると思います。

上記のホームページには射撃メニューについて色々書いてありますが、実際に選べるメニューはやや少ない印象があります。iPadの画面にメニューが表示されるので、その中から好きなコースを選び、支払いを済ませます。暫くするとセキュリティオフィサーの方が来るので、その方にくっついて行って言われるままに鉄砲を撃ちまくるという、ざっくり言うとそんな感じです。的は銃種毎に変えて貰え、その的紙は持ち帰ることができます。今回はピストル、ライフル、ショットガン、マシンガンを撃ってみましたが、ショットガンはパッド無しだったので、かなり痛かったです。

以下に、本日撮影した写真を掲載しておきます。今後行かれる方の参考になれば幸いです。

(2014.1.13, Shimarin&Yossy@Las Vegas)

写真の説明

  1. 射撃場の外観
  2. 店舗の入り口付近/誰かが撃った的紙が貼ってある
  3. 店舗内部はやや暗め
  4. 壁に飾ってあるのはエアソフトガン
  5. 射場の受付/この奥が射撃場になっている
  6. ピストルを撃っているところ/こんな感じで、セキュリティオフィサーの方が付いてくれる
  7. 射撃後の的紙
  8. ライフルの使い方を説明中/載っている光学機器はホロサイト
  9. マシンガンを撃っているところ
  10. 射撃終了後、残弾が無いかを確認しているセキュリティオフィサー
  11. 残弾の確認後、銃をロッカーにしまっているところ/銃は都度、ロッカーから出し入れしていた
TOP 71939 Hits / TOTAL 1446142 Hits  © 船橋猟友会  All Rights Reserved.